« 「彼らの激流」 | トップページ | 暑中お見舞い »

2008年7月29日 (火)

Volleyball day

本日はバレーボールDay

844899152_123

またまた実業団のバレーボールチームへ

http://sport35.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_c504.html

今回はB選手(足長30cm)のインソールを持ってお邪魔しました。

写真は私の足(25㎝)と比較したトリムグリーンのGサイズ…大きいです。

Dsc07072

B選手にはグリーンではなくマイルドなブルーを履いて頂くことになりました。

Photo

日頃から選手の皆さんは激しいトレーニングをこなし、トレーナーがサポートします。

それにSUPER feetが足・下腿・膝・腰などの負担を軽減できてパフォーマンス向上にお役に立てれば…こんなに嬉しいことはありません。

さてB選手にSUPER feetはお役にたてるのでしょうか?

返事を待ちましょう。

A選手の感想を聞かせて頂きました(7月8日から使用)

以前、拇趾球にあった痛みは無くなり、現在は違和感なくプレーできるそうです。

但し、左の小指が時々あたる部分には変化がないとのことでした。

これは私の予想ですが小指側のあたりは矯正力の強いグリーンであれば弱まるのではないかと思います。

Photo_2

夜はバレーボール部に所属している中学1年生のお客様がみえました。

Dsc07118

踵に痛みがあるそうで、アーチの低い足です。

実は踵の痛みにはSUPER feetは「もってこい!」のシロモノなんです。

Dsc06992 

SUPER feetは踵のカップが深い形状になってます。

これは踵の皮下組織を包みこむようにするため。

包みこむことによって着地の衝撃を一点に集中することなく、踵全体に分散して皮下組織本来の役割である着地時の衝撃吸収機能を十分に発揮させます。

中学でバレーボールを始めて精神的にも肉体的にも大変だと思いますが楽しんで部活生活を過ごしてもらいたいと思います。

まぁ、それには踵の痛みが取れないとね。

彼にはトリムグリーンを使用していただきます。

それから…いつもお邪魔している某バレーボールチームの皆さん、某大会優勝おめでとうございます。

|

« 「彼らの激流」 | トップページ | 暑中お見舞い »

user」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「彼らの激流」 | トップページ | 暑中お見舞い »