« 2XU | トップページ | お知らせ »

2010年7月 5日 (月)

せっかく裸足なので

裸足で過ごす機会が多くなる季節です。

Imgp3088

ウォーキングやランニングの本などを読んでいると…

「着地は足裏全体で

進行方向に骨盤が前傾し、重心の先行移動

最後に足裏の拇指球で蹴る」

なんて書いてあることが多いのですが

インソールを扱う者から、

「接地はカカトの外側から。最後は拇指球で蹴らない!」と

補足させていただきたい。

なぜ?

足のバイオメカニクスから学んだことなんですが、

接地から離床まで、足は大きく分けると二つの役目があります。

「柔らかい足」と「硬い足」

足は接地の時、衝撃吸収やバランスをとる為

「柔らかい足」となります。

その柔らかい足の形というのが「カカトの外側から着地」の形なんです。

Imgp3090

足裏全体が地面に着いて地面から離れる迄は、

「硬い足」となります。

この状態は足の骨格がロックされていて、

床反力を得ることができる。

どうしても蹴る行為は、前進力のある動きに思いがちですが、

決して拇指球で蹴らないこと。

そのまま、とおり過ぎちゃいましょう。

蹴るという行為は自然の動きではありません。

まぁ…せっかく裸足で家の中をウロウロしていると思うので、

是非試してみてください。

そうすると…走りたくなりますよ。

最後にひと言

この「柔らかい足」と「硬い足」のポジションが上手くとれないのでSUPER feetがお手伝いするんです。

|

« 2XU | トップページ | お知らせ »

sport35」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2XU | トップページ | お知らせ »